鎌倉暮らし

鎌倉は住みやすい?鎌倉に移住して良かったこと・大変だったこと

鎌倉は住みやすい?鎌倉に移住して良かったこと・大変だったこと
ミチ

鎌倉に住んで一年が経ったね!

ミチ夫

これを機に鎌倉暮らしを振り返ってみよう。

みなさんこんにちは。
「自分を大切にする暮らし」を目指している、ちょっと不器用主婦ミチです。

私たちは夫婦で鎌倉に移住し、かれこれ1年が経ちました。

あっという間でしたが、移住前にイメージしていた部分といい意味でも悪い意味でも違うところがあったので、一年を機にまとめてみようと思います。

鎌倉移住が気になっている方へ、参考になればうれしいです。

この記事でまとめていること

  • 鎌倉移住のきっかけ
  • 住んでみて良かったこと、大変だったこと
  • 鎌倉は住みやすいのか

ミチ

夢だった鎌倉移住。夢と現実の差はいかに…!

鎌倉移住のきっかけ

私たちが鎌倉に住もうとした理由は、ふたつです。

  1. 家賃をおさえて、広い部屋に住みたい
  2. 自然が多い場所に住みたい

それまで二人で1LDKに住んでいたのですが、勉強部屋も欲しいし、もう少し広いところでのびのび暮らしたいなと考えました。

東京で2LDK以上の部屋を探してみたものの家賃が高く、郊外も視野に入れて検討し始めました。

また、長いこと東京に住んでいたのですが、車が通る音や夜中の人の声など地味にストレスになっていたので、引っ越すなら静かでかつ自然がいっぱいのところも良いのではと考え始めたのです。

夫は東京の会社への通勤だったため、ギリギリ通える範囲内で探していきましたが、郊外で自然が多い場所だとたくさんの候補地が挙がります。

なかなか絞り込めずにいたときに、

「前から好きだった鎌倉に住んじゃおうか!」

と二人のなかで盛り上がりました。

もともと鎌倉が好きでよく観光に訪れていたのですが、住むということは全く視野にありませんでした。

しかしそのころ私が海に囲まれた外国へ長期滞在をして、海の近くの生活や自然あふれる場所への憧れも強くなっていたこともあり、そのことを伝えると主人が鎌倉への移住を強く薦めてくれたのでした。

いざ鎌倉へ移住と決め、物件探し。

そこでも様々ありましたが、無事に希望の賃貸物件を借りることができたのでした!

物件探しの様子は別の記事にまとめる予定です。

ミチ

「自然あふれる場所」だとたくさん候補があったけど、「お気に入りの場所」と考えると鎌倉が一番に出てきたね!

ミチ夫

鎌倉に住むと決まってすごくワクワクした!

鎌倉に移住しての感想

ここからは、実際に住んでみて良かったことと大変だったことをまとめていきます。

鎌倉に移住して良かったこと

  1. 街が静か
  2. 自然がいっぱい
  3. 日常の買い物に困らない

街が静か

まず一つ目、「街が静か」です。

住む場所によっても若干変わるとは思いますが、東京と比べると明らかに静かです。

繁華街のような夜中まで開いているお店も少ないですし、何車線もある大きな道路もないので、街が落ち着いた雰囲気です。

観光客の方々の話し声や人混みはありますが、全体的にゆったりとした空気が流れています。

東京から鎌倉に帰ってくると、静かで空気も澄んでいる感じがして、すごく落ち着きます。

自然がいっぱい

二つ目は、「自然がいっぱい」です。

自然の多さに惹かれて移住をしたといっても過言ではないので、住んでいる今も大きなメリットになっています。

窓の外から森が見える家に住んでいるので、眺めるだけで気持ちが落ち着きます。

また少し歩けばハイキングスポットがあり、そして海がありと、手の届くところに豊かな自然がある喜び。

休日は散歩をして自然の中で過ごす時間が増えました。

心の安定感が違うなと日々感じています。

日常の買い物に困らない

三つ目は、「日常の買い物に困らない」です。

移住前に心配していたことは、鎌倉は観光地であり住みにくいのではないか、ということです。

そこで大きな問題が日常生活の買い物。

毎日の食材や、ドラッグストアで買うような日用品の買い出し、またちょっとした日常雑貨などどこで買えるのかが不安点でした。

実際に生活してみて、やはり東京よりはスーパーやコンビニが遠いと感じました。

なので最初は戸惑ったのですが、今では宅配サービスをうまく活用し、何も問題なく暮らせています。

パルシステムやコープなどの宅配サービスも利用できますし、また10分も歩けばコンビニがあります。

鎌倉駅周辺には、激安の青果店や即売所。

ありがたい100円ショップも鎌倉駅前にあります。

何より大船駅まで行ってしまえばルミネがあるので、無印良品やユニクロ、洋服店など一通りのものが揃います。

東京にいるとデパートやお店が多くてあれこれ迷ってしまいましたが、これくらい絞られているのも楽だなと感じている毎日です。

以上が良かったところ。

次からは大変だったことを見ていきます。

鎌倉に移住して大変だったこと

  1. スーパーやコンビニが遠い
  2. お店が閉まるのが早い
  3. 道路が混んでいる
  4. ゴミの分別がある

スーパーやコンビニが遠い

一つ目は、「スーパーやコンビニが遠い」です。

先ほども書きましたが、東京にいたときは徒歩5分圏内に何軒もコンビニがあったので、そのころと比べるとやはり遠いです。

私が住んでいるところでは、一番近いコンビニで徒歩10分、スーパーでは徒歩20分です(それでも近いですが…)。

あまりにも近くにあった生活に慣れすぎて最初は戸惑いましたが、慣れてしまえば問題ありません。

スーパーについては宅配サービスを利用することになり、コンビニは遠くなったのでお菓子のちょい買いがなくなりました。

食材を手軽に買える環境ではないので、運動の習慣がついたり、お菓子を食べなくなったりと、逆に健康面でのメリットが多くなったなと感じています。

お店が閉まるのが早い

二つ目は、「お店が閉まるのが早い」です。

ご存知の通りかもしれませんが、鎌倉の飲食店は大体18時前には閉まってしまいます。

夜どこかに食べに行こうと思っても、開いているお店が少なくて右往左往したことがよくありました。

慣れてくれば夜は早めに食べに行ったり、遅くまでやっている美味しいお店を開拓したりと、それなりに楽しめるようになりました。

通勤で遅く帰る人にとっては、帰りにちょっと食べに行く、というのは難しいかもしれませんね。

鎌倉駅前にはコンビニがあるので、そこまで大きく考える必要はないかもしれませんが、グルメな方は視野に入れておいてくださいね。

道路が混んでいる

三つ目は、「道路が混んでいる」です。

私は車は持っていませんが、歩きながら感じることはいつも道が混んでいるなということ。

バスに乗っていても思いますが、特に鎌倉駅周辺、八幡宮などの観光地周辺はいつも混んでいます。

道幅が狭いのと、踏切があったり抜け道があまりなかったりするので混んでいるようです。

車を持つ予定の方は覚悟しておいた方が良いと思います。

ちなみに徒歩や自転車でも快適に移動はできます。

ゴミの分別がある

四つ目は、「ゴミの分別がある」です。

東京ではほとんど分別がなかったので楽だったのですが、鎌倉はしっかり分別の決まりがありました。

燃えるゴミ、燃えないゴミ、プラスチックゴミ、紙類…など、最初は慣れずかなり戸惑ったことを覚えています。

ほかの方の出し方を見たりしながら今ではすっかり慣れました。

分別に細かい規定がありますが、わかりやすい冊子をもらえたり、LINEで簡単に検索できたりと対応が充実しているので、ご安心ください。

鎌倉市家庭系ごみの分け方・出し方▷

鎌倉は住みやすいのか

ここまで良かったことと大変だったことをまとめました。

実際に一年住んでみて、鎌倉は住みやすいのかと自分に問うてみると、私にとっては「住みやすい」です。

本来の目的である、広い家と自然がいっぱいの環境が叶いましたし、大変だったことも今ではそのおかげで生活リズムが整ったりと良い面もあります。

鎌倉移住に際して不安なことは、「鎌倉は観光地であり住むのには向かないのではないか」という点ではないでしょうか。

私も移住前は住みやすさについて不安でした。

ですが今はそこまで生活に困るということはなく、問題なく暮らせています。

おそらく、「自然がいっぱい」という点が自分が暮らす上でより大切なポイントであったからだと思います。

自分にとって譲れない点はどこか、そして暮らすとして心配な点はどこかと考えてみると、住むべきか否かが選択できるかもしれませんね。

ミチ

これだけは譲れないというポイントがわかれば、あとはなんとかしようと動くんだなと気づきました。

鎌倉は観光でも良し、住むのも良し。

観光地としても大好きだった鎌倉。

こうやって実際に住んでみても、その魅力は衰えることなく私を魅了し続けています。

これからものんびり住み続けて、鎌倉にお世話になろうと思います。

なにか参考になればうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ミチ

なにか質問などあればお気軽にコメントくださいね。

ABOUT ME
ミチ
こんにちはミチです。無理をして体を壊した経験から、東京を抜け出して大好きな鎌倉へ移住。「自分を大切に生きよう」と決め生活を見直しています。がんばらない家事、大好きなロードバイクについてなど、ちょっと不器用でも楽しく過ごす日々をまるっとつづります。